教えて!アイスクリーム王子

9 アイスクリームを食べると、なぜ頭が痛くなるの?

それは「アイスクリーム頭痛」、ゆっくり食べれば大丈夫!

医学的に2つの説があり、予防法もカンタン

アイスクリームやかき氷を食べたとき「キーン」とくる頭痛、それは「アイスクリーム頭痛」といって、医学的な正式名称なのです。

アイスクリーム頭痛が起こるメカニズムには諸説ありますが、主に2つの説が有力とされています。

  1. 冷たい物が喉を通るとき、喉にある三叉神経が刺激され、その伝達信号を脳が痛みと勘違いして頭痛が起きる。
  2. 冷たいものを食べると急に喉や口の中が冷えるため、人間の身体は一時的に血流量を増やして温めようとする。そのときに、脳につながる血管が膨張して頭痛が起きる。

2つのメカニズムのどちらか、または両方が原因となって、アイスクリーム頭痛が起きると考えられています。

予防法は、とってもカンタン! それは「ゆっくり時間をかけて食べること」、それだけです。ゆっくり時間をかけることで、喉の冷えを抑え、神経の刺激や血管の膨張を緩やかにします。その結果、アイスクリーム頭痛が起きにくくなるのです。ぜひお試しください。

INDEXに戻る
PAGE TOP